海のDVDと、魚の図鑑、海の写真集、マリンスポーツガイドなど、海に関する本(書籍)をご紹介-「海の本屋さん」
「海の本屋さん」ホームへ戻る

海の映像を収録したDVDや、魚の図鑑、海の写真集など、海に関する本を紹介しています

海のDVDと本(書籍)を紹介する「海の本屋さん」

 使い方(別窓)

ホーム
海のDVD
海の図鑑
海の写真集
水中撮影ガイド
マリンスポーツガイド
エリアガイド
海の物語
Amazon活用法
ホームエリアガイド > パラオへ行こう!

パラオへ行こう!

パラオへ行こう!星3つ
「文芸社」(2009/01) 淵上 美恵(著)
18.2×13cm 163P
¥1,470(税込)

海のエリアガイド「パラオへ行こう!」

かつてパラオ政府観光局に勤務した筆者が語る、南の楽園パラオの自然や、歴史、文化に関する見聞録。パラオを理解するための必読書。

本書は、一般の旅行ガイドブックとは異なり、在日パラオ大使館に雇用され、パラオ政府観光局日本事務所に勤務した経験の ある筆者が、美しい海に代表される豊かな自然や、独特の歴史・文化を持つパラオの知られざる側面を語った、いわばパラオ をより深く理解するための解説書。

パラオの概略説明から始まって、美しい海とサンゴ礁と多くの島からなる自然や、国鳥ビーブの話、ジュゴンになった少女の 伝説、ロックペインティングやストーンフェイス・ストーンモノリスに見るパラオ人のルーツと伝説、パラオの伝統的な 集会所バイに残された絵の話、パラオの伝統貨幣であるウドウド(マネービーズ)の解説、初産の儀式であるベイビーシャワー の話、などなど、パラオの伝統や文化を知るための手がかりとなる数々の話題が掲載されています。

パラオの人々の間に昔から語り継がれてきた神話なども交えての解説は、古い時代へのロマンを感じさせるものがあり、 遠い昔へ思いを馳せながら読み進めることができます。
ただ、全体的にはいかにも役人然とした淡々とした文章で、ちょっと面白みに欠ける印象です。もう少しウィットに富んだ 楽しい文章であれば、と惜しまれます。

海のエリアガイド「パラオへ行こう!」



カスタマーレビュー
この商品に関するあなたのご感想やご意見を、カスタマーレビューとして掲載してみませんか?
この商品のレビューを投稿する(別窓)