海のDVDと、魚の図鑑、海の写真集、マリンスポーツガイドなど、海に関する本(書籍)をご紹介-「海の本屋さん」
「海の本屋さん」ホームへ戻る

海の映像を収録したDVDや、魚の図鑑、海の写真集など、海に関する本を紹介しています

海のDVDと本(書籍)を紹介する「海の本屋さん」

 使い方(別窓)

ホーム
海のDVD
海の図鑑
海の写真集
水中撮影ガイド
マリンスポーツガイド
エリアガイド
海の物語
Amazon活用法
ホーム海の物語-ダイビング > 沈黙の海へ還る ザ・ラスト・ダイブ

沈黙の海へ還る  ザ・ラスト・ダイブ (光文社文庫)

沈黙の海へ還る ザ・ラスト・ダイブ星3つ
「光文社文庫」(2006/08)
バーニー・チョードゥリー(著) 楡井 浩一(訳)
15×11cm 414P
¥680(税込)

アマゾン・ジャパン詳細ページへ

ケーブ(洞窟)ダイビングからレック(沈船)ダイビングへと、飽くなき挑戦を続ける、類まれなる才能と技術を持った親子 ダイバーの悲劇的な物語。

「シャドウ・ダイバー」(ロバート・カーソン著)にも登場する父クリス・ラウス と息子クリシー・ラウス。ダイビングに対する天性の素質を持ち、親子の絆で結ばれた二人。互いに激しく毒づきあい ながらも、信頼し合い、次第に経験を積み実績を上げることにより、ダイバー仲間内での名声を獲得していきます。

そんな二人が挑んだ危険な挑戦。それは、アメリカ・ニュージャージー沖の水深70mに沈む、ナチスドイツのUボート。 公式な文書には沈没の記録が一切ない場所に沈む、謎のUボートの正体を暴くべく危険なレックダイビングに挑戦し、 悲劇的な結末を迎えることとなってしまいます。

二人のダイビングに対する情熱と、飽くなき探究心。父クリスの旺盛な行動力と、明るくさわかやで、人付き合いの いい人柄。息子クリシーの、父に反発しながらも、他人に対する思いやりのある、温かな性格。そんな二人を見守る、 クリスの妻スー。ラウス一家の魅力がよく描かれていて、ほほえましくもあります。

ただ、自身も一流のケイブダイバーである筆者が綴った、二人の才能あるテクニカルダイバーの生涯ですが、どちらかと言えば 淡々とした文章でやや盛り上がりに欠け、今ひとつ読み終えた後の印象が薄い感は否めません。

なお、ラウス親子のラスト・ダイブとなった謎のUボートの探索については、「シャドウ・ダイバー」 (ロバート・カーソン著)で感動的に描かれています。息子のクリシーが沿岸警備隊の救助ヘリに乗せられる際の、 船長と救助員との会話の内容が本書と逆転しているなど、併せて読むと大変興味深いものがあります。

アマゾン・ジャパン詳細ページへ



カスタマーレビュー
この商品に関するあなたのご感想やご意見を、カスタマーレビューとして掲載してみませんか?
この商品のレビューを投稿する(別窓)