海のDVDと、魚の図鑑、海の写真集、マリンスポーツガイドなど、海に関する本(書籍)をご紹介-「海の本屋さん」
「海の本屋さん」ホームへ戻る

海の映像を収録したDVDや、魚の図鑑、海の写真集など、海に関する本を紹介しています

海のDVDと本(書籍)を紹介する「海の本屋さん」

 使い方(別窓)

ホーム
海のDVD
海の図鑑
海の写真集
水中撮影ガイド
マリンスポーツガイド
エリアガイド
海の物語
Amazon活用法
ホーム海の物語-ダイビング > ダイバーはパラオの海をめざす

ダイバーはパラオの海をめざす

ダイバーはパラオの海をめざす星4つ
「集英社」(2000/02) 太田 耕輔(著)
19×13cm 271P
¥1,575(税込)

アマゾン・ジャパン詳細ページへ

ダイビングガイドとして6年間在住したパラオでの、ダイビング中の思い出深い出来事などを、軽妙な文章でおもしろおかしく綴った手記。

パラオのダイビングショップでガイドとして働き、大物目当てのお客にマンタやサメ、ギンガメアジ、バラクーダ、 ナポレオンフィッシュなど、パラオではお馴染みの魚を見せて、お客を楽しませていた筆者。 ところが、ある日ショップを訪れた一人のダイバーをスタッフに加えたことにより、彼のダイビングスタイルが大きく 変っていきます。

そのダイバーは、沖縄でガイドをしていたサトーなる人物。いわゆるマクロ派と呼ばれる、小さな魚をお客に見せる ダイビングスタイル。そして、彼を慕ってパラオにやってくる、同じくマクロ派のダイバー達。 お目当ての魚を見つけると地ベタにへばりつき、じっとして動かず、ひたすらその魚を観察するマクロ派ダイバー。 筆者は、最初彼らのことを「ヘンタイ」と呼びつつ、自らもその「ヘンタイ」のダイビングスタイルにどんどんハマッて いきます。

10cmにも満たないような小さな魚を求めて、サトーと二人で悪戦苦闘する姿や、苦労の末にお目当ての魚との対面を 果したときの深い感動、リピーターとして繰り返しパラオにやってくるダイバーとの心の交流などが、さわやかに描かれて います。

「どわああああああ」「んがああああああ」。
大げさな感嘆詞と、ウィットに富んだ文章で、読む者を惹きつける筆者の力量はなかなかのものです。一般の アマチュア・ダイバーから見ると、まるでスーパーマンのように映るガイドですが、そんな彼らの実に人間味あふれる、 ほほえましい一面を垣間見ることができ、読んでいてとても楽しい一冊です。
マクロ系の魚を見つけるコツなど、ちょっと役立つ情報もあります。

アマゾン・ジャパン詳細ページへ



カスタマーレビュー
この商品に関するあなたのご感想やご意見を、カスタマーレビューとして掲載してみませんか?
この商品のレビューを投稿する(別窓)