海のDVDと、魚の図鑑、海の写真集、マリンスポーツガイドなど、海に関する本(書籍)をご紹介-「海の本屋さん」
「海の本屋さん」ホームへ戻る

海の映像を収録したDVDや、魚の図鑑、海の写真集など、海に関する本を紹介しています

海のDVDと本(書籍)を紹介する「海の本屋さん」

 使い方(別窓)

ホーム
海のDVD
海の図鑑
海の写真集
水中撮影ガイド
マリンスポーツガイド
エリアガイド
海の物語
Amazon活用法
ホームマリンスポーツガイド-ダイビング > おタハラ部長の続・お上手ダイバー養成新書

おタハラ部長の続・お上手ダイバー養成新書星4つ
「水中造形センター」(2002/04) 田原 浩一(著)
23×18.5cm 165P
¥2,415(税込)

アマゾン・ジャパン詳細ページへ

ドリフトダイビングの仕方やナビゲーションのコツなど、実践の場面で役立つダイビングのノウハウを多数掲載。 「お上手ダイバー養成新書」とセットで読めば、ダイビングスキル向上に役立ちます。

第1章から第6章までに分かれたそれぞれの内容は、

  • フィンスイム、ドリフトダイビング、ナビゲーション、サーチなどのスキルバージョンアップ

  • 栄養学やフィットネス、高圧障害対策などのフィジカルコンディション

  • 潮流、風と海流、天気予報などのフィールドコンディションの話

  • エマージェンシースキル、新基準のCPR、酸素の有効性、レスキューなど、アクシデントマネージメント

  • フルフットフィンの選び方、ウェットスーツとドライスーツの選び方

  • 濁りの中での楽しみ方、ウミウシ・イザリウオウォッチング、砂地での生物ウォッチング、テクニカルダイビングなど

となっています。

基本スキルをマスターしたダイバー向けに、さらにダイビングを楽しむための一歩上の知識、技術などを理論的に説明している ので、思わず「なるほど」と納得させられてしまう部分が多くあります。

前作の「お上手ダイバー養成新書」と同様、ユーモア溢れるくだけた文章なので、 抵抗なく読み進めることができ、実践でも役に立つことが多く書かれています。初心者の方にはちょっと縁遠い話も多いので、 ある程度潜り込んだ中級以上のダイバーの方には是非読んでいただきたい、お勧めの一冊です。

アマゾン・ジャパン詳細ページへ



カスタマーレビュー
この商品に関するあなたのご感想やご意見を、カスタマーレビューとして掲載してみませんか?
この商品のレビューを投稿する(別窓)