海のDVDと、魚の図鑑、海の写真集、マリンスポーツガイドなど、海に関する本(書籍)をご紹介-「海の本屋さん」
「海の本屋さん」ホームへ戻る

海の映像を収録したDVDや、魚の図鑑、海の写真集など、海に関する本を紹介しています

海のDVDと本(書籍)を紹介する「海の本屋さん」

 使い方(別窓)

ホーム
海のDVD
海の図鑑
海の写真集
水中撮影ガイド
マリンスポーツガイド
エリアガイド
海の物語
Amazon活用法
ホームマリンスポーツガイド-ダイビング > ダイビング上達クリニック〈2〉もっと海を知るために

ダイビング上達クリニック〈2〉もっと海を知るために

ダイビング上達クリニック〈2〉もっと海を知るために星3つ
「マリン企画」 (1996/06) 豊田 直之(著)
21×15cm 198P
¥1,733(税込)

アマゾン・ジャパン詳細ページへ

ビギナーを卒業しさらに上を目指すダイバーや、セルフダイビングをお考えの方に役立つ解説書。

「ダイビング上達クリニック」の続編として発刊された本書は、「もっと海を知るために」 の副題にある通り、ダイビングの基本スキルをマスターし、さらに上を目指すためのスキル・知識を得るための内容となっており、 内容は、海流や潮流の知識・特性の解説、天気図の読み方、セルフレスキューの解説、本格的なレスキューの紙上シミュレーション、 ロープワークの解説、有害生物解説などです。

海や潮の知識や、天気図の読み方など、ショップのツアーに参加しガイドの後ろをついていくだけなら必要ないかも知れませんが、 ガイドなしに友人と潜るセルフダイビングでは必要不可欠です。
また例えショップのツアーでも、潮の知識やセルフレスキューのスキルは安全にダイビングを行う上で重要です。

但し、海流や潮流の知識・特性などは当然一般的に通用する内容しか書かれていませんが、ダイビングポイント特有の条件が大きく 影響することも多く、実際のダイビングの場面では必ずしも通用するとは限りません。
また、レスキュー作業についても、実際の場面を想定したロケを行って解説していますが、紙上でのシミュレーションでは限界があり、 本当にスキルを身につけるためには講習を通じて模擬訓練を行うことが必要でしょう。

本書は、「本当のセイフティーダイビングとは何かを問う」というコンセプトのもとにまとめられています。 そのため、写真や図などを多用して分かりやすく具体的に解説している点は評価できますが、限られたページ数の中では限界があり、 一般的な知識としてのレベルに止まっている項目もあります。

アマゾン・ジャパン詳細ページへ



カスタマーレビュー
この商品に関するあなたのご感想やご意見を、カスタマーレビューとして掲載してみませんか?
この商品のレビューを投稿する(別窓)