海のDVDと、魚の図鑑、海の写真集、マリンスポーツガイドなど、海に関する本(書籍)をご紹介-「海の本屋さん」
「海の本屋さん」ホームへ戻る

海の映像を収録したDVDや、魚の図鑑、海の写真集など、海に関する本を紹介しています

海のDVDと本(書籍)を紹介する「海の本屋さん」

 使い方(別窓)

ホーム
海のDVD
海の図鑑
海の写真集
水中撮影ガイド
マリンスポーツガイド
エリアガイド
海の物語
Amazon活用法
ホーム海の図鑑-海水魚 > 日本の海水魚

日本の海水魚

日本の海水魚星5つ
「山と渓谷社」(1997/07) 岡村 収・尼岡 邦夫(編)
21×20cm 783P
マーケットプレイスでの購入となります。

アマゾン・ジャパン詳細ページへ

まさにダイバーのバイブルとも言うべき定番図鑑で、特にフィッシュウォッチング派には必携の一冊。
日本の海域で見られる海水魚2,427種を掲載。成魚と幼魚、雄雌はもちろん、変異個体まで収録し、ダイビングで見られる魚は ほぼ100%カバーしています。

同じ魚でも複数の写真が掲載されているものも多くあり、特にカサゴの仲間など個体により色彩が大きく異なる魚でも、 見つけるのに大変便利です。私も他の図鑑ではイマイチ名前がはっきり特定できなかった魚も、この図鑑で判ったと いうことがよくあります。

また、昼と夜とで体色の異なる魚などは両方の写真を載せるなど、まさにダイバーのために作成されたような図鑑です。 これ一冊あれば見つからない魚はまずいないと思います。また、魚の生態や特徴などの解説も丁寧なので、魚好きの人に も満足してもらえます。

なお、一部標本写真で掲載している魚は色の悪いものもあり、どの程度実物に近いかは定かではありません。 深海魚など生態写真が無理な場合もあるので、しかたがない部分もあると思います。

本書は内容が充実しているだけに、分厚く、かつ重いです(厚さは4cm近く、重さは1.5kgほどあります)。ですから、ダイビングのお供に 持ち運ぶというよりは、家に帰ってじっくり魚を調べるのに向いている本です。
ちょっと高いですが、値段に見合うだけの価値は充分にあります。

アマゾン・ジャパン詳細ページへ



カスタマーレビュー
この商品に関するあなたのご感想やご意見を、カスタマーレビューとして掲載してみませんか?
この商品のレビューを投稿する(別窓)