海のDVDと、魚の図鑑、海の写真集、マリンスポーツガイドなど、海に関する本(書籍)をご紹介-「海の本屋さん」
「海の本屋さん」ホームへ戻る

海の映像を収録したDVDや、魚の図鑑、海の写真集など、海に関する本を紹介しています

海のDVDと本(書籍)を紹介する「海の本屋さん」

 使い方(別窓)

ホーム
海のDVD
海の図鑑
海の写真集
水中撮影ガイド
マリンスポーツガイド
エリアガイド
海の物語
Amazon活用法
ホーム海の図鑑-海水魚 > ポケット図鑑 日本の海水魚466

ポケット図鑑 日本の海水魚466

ポケット図鑑 日本の海水魚466星4つ
「文一総合出版」(2010/04) 峯水 亮(著) 松沢 陽士(著)
14.8×10.7cm 319P
¥1,050(税込)

「ポケット図鑑 日本の海水魚466」

同サイズの中ではいちばん多い466種を収録した、文庫本サイズの海水魚図鑑。コンパクトで手軽に持ち運びでき、とても便利な一冊。

ダイビングでよく見られる海水魚466種を掲載。成魚が中心ですが、色彩変異や幼魚の写真も若干掲載されています。
一般的な海水魚図鑑が800~1,200種掲載していることから比べると掲載種は少ないですが、その分コンパクトで、 重い器材がつきもののダイビングツアーでも苦になりません。
本書の特徴は、このコンパクトさ、軽さにあります。

写真は見開きの左ページに上下2枚、右ページの上段に1枚と下段に簡単な解説のパターンが基本ですが、科によっては 解説ページがまとめて掲載された後、見開きで4枚の写真が掲載されているレイアウトもあります。
また、掲載される写真も、コンパクトな外観の割りに大きく見やすいので、種の同定もやりやすそうです。

一般的な魚図鑑に比べると非常にコンパクトで、これほど持ち運びに便利な図鑑もあまりないので、まだ魚の名前が あまりわからない、という初心者の方にはオススメの図鑑です。
また、中級者以上の方でも、「あの魚、なんだっけ?」ということはよくあるのでは・・・。値段もリーズナブル なので、持っておいても損はないでしょう。

「ポケット図鑑 日本の海水魚466」



カスタマーレビュー
この商品に関するあなたのご感想やご意見を、カスタマーレビューとして掲載してみませんか?
この商品のレビューを投稿する(別窓)